ジュニアパートナー

廣田早恵美

 

 

 

看護師時代に教育担当になったのがきっかけでコーチングを学び始め、徐々にコーチ業がメインに。今も新しいステージへチャレンジできているのは、自分自身もコーチングをフル活用している成果だと思っています。
個人やチームの強みを開花させる目的で、米国Gallup社認定ストレングスコーチとしても活動しています。